スポンサーサイト

  • 2016.04.07 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    デイジー

    • 2011.08.27 Saturday
    • 11:02
    舞台はオランダ。画家の卵のヘヨンが働く骨董品屋さんにはいつも誰からかデイジーが届く。デイジーはヘヨンの思い出の花で、ヘヨンはその贈り主がいつか自分を助けてくれた運命の人だと信じている。ある日、ソヨンが広場で似顔絵を描いていると、デイジーを手に携えた男ジョンウが絵を描いて欲しいとやってきた。

    で、ヘヨンとジョンウ、それともうひとり殺し屋のパクウィが繰り広げる、ままならない恋の話。よくできた映画。オランダの風景がきれい。役者もそこそこ。ストーリーは、材料はいいけど予定調和的な展開がちょっと残念。もっと予想外の展開で驚かせてくれても良かったかな。全てがヘヨンにふりかかるストーリー展開は、感情移入の面で見ると、男子向けではなく女子向けなのかもしれない。最後に思うのは、3人は出会わなかったほうがよかったのかなということ。

    デイジーにはアナザーストーリーというのもあるので、そっちを見てみよう。

    スポンサーサイト

    • 2016.04.07 Thursday
    • 11:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      selected entries

      archives

      recent comment

      profile

      links

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM